合格したけりゃ1回読んどけ

    元エリート営業マンが塾・予備校、大学受験、キャリア論など、読み手にとってなるべく有益な情報を。

塾選び前のセルフチェック3項目

受験の合否は塾選びで8割決まると言っても過言ではありません。

 

塾選びにおいて必ずしなければならないことは

①自分の状況を客観視し、必要な要素を見極めること

②塾は必ずチェックポイントを比較検討し、総合的に自分に合う塾を選択すること

の2点です。

 

今回は① 『自分の状況を客観視し、必要な要素を見極めるポイント3点』 の詳細です。

 

①自分のレベルを把握する

 

自分の学力の把握なしに受験勉強に挑むことは不毛です。

現状の立ち位置から志望校までの距離・ギャップを認識し、それを埋める作業が受験勉強です。

通っている高校のレベルと、模試などで分かる自分の偏差値で判断していきましょう。

 

◆進学校(高校偏差値60以上)のトップ層の生徒(個人偏差値65以上)

  ⇒進学校でトップ層にいれば基本的に塾は必要なし。学校を信じて頑張ればOK。

◆進学校の中間層の生徒(個人偏差値55〜65)

  ⇒大手予備校、映像授業予備校、少人数制塾

    基礎学力があり、一方的な講義形式の授業でも自分で理解し成績を伸ばせる。

◆進学校の下位層+非進学校の生徒(個人偏差値55以下)

  ⇒少人数制塾

    基礎学力がなく、双方向的な授業で講師に状態把握をしてもらいつつ勉強を進める必要あり。

 

自分のレベルによって通うべき塾は大きく変わってくるため、セルフチェックは重要です。

 

②基礎学力の有無

 

①と重複しますが、基礎学力の有無によっても選ぶべき塾は変わります。

基礎学力とは、非常にざっくりと言えば中学時代に習ったことが身についているかどうかということです。

中高一貫の進学校でしっかりとカリキュラムについていけている生徒、中学時代に高校受験の勉強を一生懸命した生徒などは恐らく基礎学力に自信を持って問題ないと思います。

逆に中高一貫進学校の中で成績がいまいち、高校受験は推薦等で偏差値の高い高校には入れたが必死に受験勉強をした記憶はあまりないというような生徒は基礎学力に不安があります。

 

基礎学力がない状態では『一方的な講義形式の授業』を受けていても力はついていきません。

一方的な講義形式とは、いわゆる代ゼミ河合塾駿台のような大教室で大人数相手に授業をしているものや、東進ハイスクールのように録画されたビデオ授業を1人で見る形式を指します。

 

授業内容をどれだけ理解・吸収できるか、その内容をベースに自分自身で何をどれだけどのように勉強していけばいいのか・・・生徒の力量に委ねられる部分が多いのは言うまでもありません。

「面白い授業やってあげたよ、はい、じゃああとは自分で勝手にやっといてね!」という一方的な講義形式の塾では、基礎学力がなければついていくことは難しいのです。

 

たまに基礎学力のない生徒でも「有名講師の授業は面白くて分かりやすいから出来るようになる」と言ってくることがありますが、これは非常に危険です。

確かに面白い授業なのでその場では分かったつもりになってしまうのですが、根本が理解できておらず帰宅後に自分では問題の解法が再現ができず、結局点数に繋がらないといったケースがよくあります。

 

自分を振り返り、基礎学力に不安を感じるようであれば、たとえ進学校に在学していても大手予備校や衛星授業予備校は避けたほうがよいですね。

 

それと比べ、講師が生徒の状態をしっかり把握できる『双方向的な授業』であれば生徒の学力を考慮したアクションが出来るため、かなり状態は改善します。

双方向的な塾とは、個別指導塾や1クラス10人前後の少人数制の塾でしょう。

1クラス20人もいれば、もう講師は生徒それぞれの状態は把握不可能です。

 

ちなみの私が所属するDIET STUDYでは1クラス平均10名を維持しています。

1クラス20名にすれば自分の収入は2倍になるかもしれません。しかしそれをすれば1人1人の生徒の状態を把握できず、合格率が下がることは目に見えているため、あえて少人数制を維持しています。

 

あと、いわゆる個別指導塾はハッキリ言ってやめたほうがいいと思います(詳細はコチラ

プロ講師がしっかりやっているところは別にして、非進学校の生徒が個別指導塾に通うのであればせいぜい大東亜帝国レベルの結果になることを覚悟しておくべきです。

 

③勉強習慣の有無

 

これも非常に重要です。「さすがに受験となったら勉強嫌いの子でも必死に勉強するでしょ」という大人もいますが、残念ながらそうはいきません。

人間、慣れていないことはなかなかできないもので、中高時代に机に向かっている時間が少なかった生徒は大学受験となっても机にはなかなか向かえません。

 

こういった生徒が前述のような一方的な講義形式の授業に参加するとどうなるでしょう。

さらには帰宅後、自ら復習や次の授業の予習に向かうでしょうか。

 

答えは否です。授業は最悪の場合居眠り、予復習は十分にできずカリキュラムからどんどん離されてしまいます。授業料を払っている親からすればたまったもんじゃないという話ですが、これがリアルです。

単純に勉強から逃げてしまうという部分もありますし、やる気が十分あっても今まで勉強してこなかったために勉強の仕方が分からないという部分もあります。

 

ではそういった場合、なにが必要か? 誤解を恐れずに言えば「管理」です。

 

どういったことか具体的に挙げていけば

・塾に行っているか出欠の管理

・授業を集中して聞けているか講師による監視

・授業内容を理解できているか講師による把握

・自宅での勉強量、勉強方法の細かい指示とその実行のチェック

などなどです。

 

生徒が自分1人で受験を達成できないのであれば、周りがフォローするか、達成できるような環境に身をおくしかないと思います。

17,8歳にもなって大人がそこまで手を差し伸べるのか・・と思うかもしれませんが、彼らにとって大学受験というものはそれほど高い壁なのです。

ですから、そういった「管理」の体制が整っている塾なのかどうかはよく見極める必要があります。

 

勉強習慣の有無を考慮したうえで適切な塾・予備校を選ばなければ、たとえやる気に満ち溢れていても受験で成功することは難しいのです。

 

 

以上、塾を検討する前に、まずやっておかなければならないセルフチェック3点です。

このセルフチェックで大まかに自分が必要とする塾のイメージを掴み、そのうえで具体的な塾・予備校の比較検討に入っていくべきでしょう。

 

 では、さらに今回の内容を前提として

②塾は必ずチェックポイントを比較検討し、総合的に自分に合う塾を選択すること

について確認してみようと思います。

 

■塾の選び方■ 〜塾で合否は8割決まる〜

世の中の高校生・浪人生を見ていて本当にもったいないなぁと思うのは

「通う塾を簡単に決めすぎている」

という点です。

 

最初に言っておくと、受験の合否は 8割 塾選び で決まります。

 

「いやいや受験生の努力、頑張り次第でしょ!」という声が聞こえてきそうですが

塾選びを間違えれば「頑張りが続かない」「努力が無駄な方向に費やされる」可能性大です。

つまり本来合格できるはずだった子でさえ合格できなくなります。

 

 

塾を選ぶとき、世の中の人はどうやって選ぶでしょう??

 

大抵の場合、耳にするのは

・名前の知れた大手予備校なら安心だ

・友達の◯◯くんが良いって言ってたから、あそこにしよう

・お母さん同士の情報交換の結果、どうやらあそこがベストらしい

 

こんなところです。

それでちょっと見に行ってみて違和感がなかったら、簡単に入塾しちゃいます。

 

一生がかかっている受験なのに・・!? 年間100万円前後かかるのに・・!?

ド素人の井戸端会議で決定されるわけです。

傍から見ていて本当にもったいない・・・。 歯がゆい気持ちになります。

 

でもそれは仕方ないですよね。

受験生は人生で1,2回目の受験なわけで、保護者にしてみれば自分たちのときとは状況がまるで変わってるわけです。みんなが手探りです。

だから、そんな人たちの助けになるためにこのブログを書いてます。

分からないことは専門家の話を聞くのが1番です。

 

 

塾を選ぶ際に絶対に確認しなければならないのは大きく2点

①自分の状況を客観視し、必要な要素を見極めること

②塾は必ずチェックポイント(後述)を比較検討し、総合的に自分に合う塾を選択すること

 

①自分の状況を客観視し、必要な要素を見極めること

 ・自分の学力レベル(高校レベル、偏差値)の把握

 ・基礎学力の有無

 ・勉強習慣の有無

 

 これを把握したうえで、大まかに自分が必要とする塾のイメージをを掴み、そのうえで具体的な塾・予備校の比較検討に入っていくべきです。

 

②塾は必ずチェックポイントを比較検討し、総合的に自分に合う塾を選択すること

 ・①の3点を踏まえた方向性で検討しているか

 ・成績確認のシステム(テスト)があるか

 ・自分が通う、まさにその校舎での合格実績

 ・出欠確認のシステムがあるか

 ・自分が習う講師の体験授業があるか+相性に問題はないか

 (・通塾時間・授業料などその他)

 

このように羅列すると「あたりまえのことばっかりじゃん」と思われると思います。

しかし実際これを1つ1つ丁寧に確認できている人はごく僅かです。

特に①。自分の状態を客観視できている受験生は非常に少ないのです。

 

そして①ありきの②です。

つまり①ができていない限り、②で正しい選択ができるわけありません。

それぞれの詳細は下記ページで説明していきます。

 

 ①自分の状況を客観視し、必要な要素を見極める

 ②塾は必ずチェックポイントを比較検討し、総合的に自分に合う塾を選択すること

yuto-nagawa.hatenablog.com

塾講師はモテるのか ー実験と考察ー

突然ですが、とある飲み会の場を想像してみてください。

 

A子「ナガワくんって仕事何してる人なの?」

自分「あ、俺は一応会社役員だよ」

A子「えっ、若いのにスゴイ!!」

自分「なろうと思えば誰でもなれるよ?」

A子「なんかカッコイイじゃん!どういう職種の会社?」

自分「教育系かな。仲間とやってる小さい塾だよ」

A子「すごいな〜!何歳ぐらいの子たちを教えてるの?」

自分「大学受験の塾で、高3と浪人専門だよ」

A子「すごっ。私バカだから絶対できないな〜」

 

また別の日、

 

B子「ナガワくんって仕事何してる人なの?」

自分「あ、俺は塾講師だよ」

B子「へぇ〜、何歳ぐらいの子たちを教えてるの?」

自分「大学受験の塾で、高3と浪人生専門だよ」

B子「ふーん。ねぇねぇ、やっぱ生徒から告白されたりするの?」

自分「そういうことはないな。結構きっちり指導してるし」

B子「え〜、絶対周りに生徒と付き合ってる講師とかいるでしょー」

自分「いないいない」

B子「私の友達、高校生のとき塾の先生と付き合ってたよ」

自分「・・・・。」

B子「ところで〜、いつ飲むのっ!?(今でしょ!の強要)」

 

 

実体験(実験)に基づいたほぼ完全再現2パターンです。

女性相手の会話にしていますが、男性を含む知り合いと話していてもだいたいこうなります。入り口が違うだけで印象がだいぶ変わるみたいです。

 

何を思うか。

「世の中での塾講師の地位低いな〜」って思うわけです。

 

塾講師に対するイメージは人それぞれで、テレビに出ている林先生のような名物講師を想起する人もいれば、個別指導で自分がお世話になった大学生のバイト講師を想像する人もいるわけで、それはいいんですが、概して良いイメージを持ってる人は少ないんですね。

だから「生徒と付き合うの?」とかしょうもない下世話な質問が多い。

 

さらに深く聞いていくと

・マニアックな変な人が多そう ⇐某塾の変なCMのせい?

・生徒にどうこうするような変な人がいそう ⇐たまにニュースになる事件のせい?

・働き方がブラックで大変そう ⇐最近話題になった塾のブラックバイトのせい?

こういうイメージがやっぱり一般的みたいです。

 

で、実際塾講師ってダメダメなんです。

世の中には無数の塾講師がいますが、バイトを除いた正社員講師全体で平均をとってみても「低学歴・低収入・低モラル」なのは間違ありません。

いわゆる一般企業でいわれる「優秀な人材」みたいな人はあまり見ませんし、普通の会社に就職できなかったから講師になったみたいな人も多い。

もちろん生徒と真剣に向き合っていて生徒も信頼を寄せていればそれで問題ない部分もありますが、世間的な説得力は低い。

 

なんとかこういう状態・イメージを払拭したいんですが、どうしたらいいんでしょうね。

いや、べつに、自分がモテたくて必死になってるわけじゃないっすよ。

業界のイメージUPを図りたいというか。例えば塾講師を将来の夢として挙げる若者がもっと増えるとか・・。

 

 

自分が動けるところで思いつくのは非効率なもので、草の根活動ぐらいです。

少なくても自分が接する人には塾講師に対して圧倒的に良いイメージをもってもらいたい。

 

特に10代の生徒にとって、深く接する大人の数って限られてると思います。

自分を思い返しても学校・習い事の先生とか友達の親とかそれぐらいかと。

 

なので生徒にとって自分の存在は「塾講師像」はもとより「大人像」を形成する重要な存在なのかもしれません。

それならば、まともで、頼りになって、尊敬できて、こういう大人になりたいなって思われるような存在でありたいな、あるべきだなと。

 

たまに結婚式に参加すると、来賓席に塾の先生が呼ばれていて、1人所在なさ気にしていることってないですか?

例えばあれがまともな塾講師なんだと思います。

生徒が大人になって自分の結婚式に呼びたいと思えるほどプラスの影響を受けた大人。

きっと成績もちゃんと上げている講師のはず。

 

 

「将来講師になりたい」と一時的にでも思ってくれる若者が増えたり、塾講師を名乗ったら賞賛されないまでも良い印象を持ってもらえるようにしたいものです。

 

「モテるのか」から話がズレた気もしますが、結論は「現状モテません」ですね。

何か塾・塾講師イメージUPの良い方法があれば是非アドバイスください。

 

高学歴を目指すべき3つの理由

「なぜ高学歴が良いのか?」≒「何のために受験(受験勉強)をするのか?」

 

生徒によってはこの命題について真剣に頭を悩ませています。

大学に行ったことも社会に出たこともまだない彼らにとっては当然の疑問です。

ゴールのイメージがはっきり持てない中で日々勉強をしなければいけないわけですからストレスも溜まるでしょう。

 

私が生徒に答えることはただ一言

「将来の選択肢を広げるためだよ」です。

 

これは私の所属するDIET STUDYの企業理念でもあります。

 

では、高学歴(受験勉強を頑張る)によってどのように将来の選択肢が広がるのか

今回はそれを私見を踏まえ確認したいと思います。

 

 

①職業の選択肢が広がる

高校生のうちから将来の自分の職業が具体的にイメージでき、さらにそこに至るプロセスまでもが描けている人はほとんどいません。

また、仮にあったとしても年月が過ぎれば考え方や趣味趣向は変化するでしょう。

 

ということは大学4年の就職活動のタイミングの自分、または社会人で転職を思い立ったときの自分が、そのとき望んでいる職業に就ける必要があるわけです。

 

そのとき学歴によって選択肢の数が大きく変わります。

昔ほどではないといえ、例えば大学名によっては説明会にすらエントリーできません。

ウソだ〜と笑う生徒も多いのですがホントです。募集開始直後の会社説明会なのにMARCH未満の大学名を入力すると「満席」という表示が出るようになっているなんてよくある話です。

スキル重視の専門職でもない限り、学歴によって一瞬で選択肢が限定されるんです。

逆に言うと、高学歴であれば多くの選択肢を持つことができます。

 

将来の自分がやりたいことをやれるための下準備、将来の自分への投資が受験勉強です。

そして受験勉強を頑張ったことを世の中に証明できる証明書が学歴です。

 

②高収入で私生活における選択肢が広がる

まずは下記リンクを御覧ください。DIET STUDYのHP内へのリンクです。

大学と就職ー平均年収ー

一目瞭然。学歴と年収ははっきりと比例します。基本的に「高学歴=高収入」です。

ざっくり言えば日東駒専とMARCH、MARCHと早慶の間で100万弱の年収差がありますね。

40年間働いたら生涯年収で4000万の差が出ます。

 

年収が高いからすごいとか低いからダサいとか、そんなものは人それぞれの価値観なのでどうでもいいと思います。収入が高ければ幸せとも限りません。

 

ただ、私が高収入を良しとする理由は私生活の充実です。

例えば海外旅行に行きたい、趣味にお金をかけたい、勉強したいことがあってスクールに通いたい、家族に不自由のない生活を送らせてあげたい・・・。

これらに共通して必要なものは結局「お金」です。あとは「時間」も大事ですが。

 

べつにお金をかけてやりたいことがなければそれでいいと思います。しかし何かやりたいことができたとき、お金のせいで選択肢が狭まるのは何か悔しい気もします。

 

受験勉強を頑張って高学歴を得れば、将来私生活での選択肢・可能性は広がります。

 

③ハイレベルな人脈が自然と広がる

レベルの高い大学にはレベルの高い人がたくさんいます。

レベルが高いという表現が適切かは分かりませんが、簡単に言えば話していて勉強になる、刺激をもらえる人がたくさんいます。

(あくまで確率論です。日東駒専よりもMARCH、MARCHよりも早慶以上の方がそういう人に出会えるチャンスは多いでしょう)

 

私自身の話をすれば、職業で言うと医者・法律家・不動産・金融などなどの専門家が友達の中に全て揃っていて、恐らく将来悩んだり困ったことがあっても誰かしら必ず頼れる人がいます。

また人生は選択の積み重ねですが、ある局面での選択肢が有能な友人のおかげで増えたり、より優れたものになったりします。

 

ちなみに私が今の仕事を選択して日々充実しているのも前職キーエンス時代に出会った仲間からの刺激を受けたからこそです。

そしてキーエンスに入社できたのは、恐らく学歴が大きく寄与してのことです。

 豊かな人脈も高学歴ならではの産物です。

 

 

これから塾の選び方や受験論など多くを書いていきたいと思いますが、まず前提としてこんな話を書いてみました。

 

受験に迷いを感じている人のモヤモヤが少しでも晴れれば幸いです。

受験は「将来の選択肢を広げるため」にあります。

 

 

何を伝えたいブログなのか

「もっと塾・受験の正しい知識を持っていれば絶対に良い結果が出るのに・・・」

大学受験塾の仕事を始めて何万回こう思ったか分かりません。

 

自分が関わることができた人には正しい知識を伝え、それが受験生であればより良い結果を出させてあげることができています。

しかし世の中にははっきり言って無知な人が多く、何も知らないまま実力以下の大学に進む受験生が山ほどいます。例を挙げれば

・有名な大手予備校に行けばそれなりのものが得られるから安心

・人気講師の授業は面白いし理解がしやすくて成績が上がる

・自分は基礎ができていないから個別指導でちゃんと見てもらおう

これらは巷でよく聞く話ですが全て間違いを含んでいます。

 

このブログは第一の目的を、ブログを読んだ人が読まなかった人よりも塾選びや受験において間違いなく良い結果を残せるための啓蒙活動におきます。

受験を控えている人、0〜17歳までの子を持つ親、受験生が身近にいる人など参考にしてもらえれば嬉しく思います。

 

他にも、年収1500万サラリーマンから塾経営・講師に転じた自身のキャリアを踏まえたキャリア論、大学・入試制度改革など教育業界全般の話なども発信したいと考えています。

 

文脈上、私が働いている塾「DIET STUDY」の話が度々出てくると思われますが

あくまでもブログに宣伝の意図はなく、目的は誰かの役に立つ情報の発信です。

 

またTwitterなどで質問等いただくことは歓迎です。

私でお役に立てそうなことがあればいつでもコンタクトしてください。