読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合格したけりゃ1回読んどけ

    元エリート営業マンが塾・予備校、大学受験、キャリア論など、読み手にとってなるべく有益な情報を。

高学歴を目指すべき3つの理由

受験論

「なぜ高学歴が良いのか?」≒「何のために受験(受験勉強)をするのか?」

 

生徒によってはこの命題について真剣に頭を悩ませています。

大学に行ったことも社会に出たこともまだない彼らにとっては当然の疑問です。

ゴールのイメージがはっきり持てない中で日々勉強をしなければいけないわけですからストレスも溜まるでしょう。

 

私が生徒に答えることはただ一言

「将来の選択肢を広げるためだよ」です。

 

これは私の所属するDIET STUDYの企業理念でもあります。

 

では、高学歴(受験勉強を頑張る)によってどのように将来の選択肢が広がるのか

今回はそれを私見を踏まえ確認したいと思います。

 

 

①職業の選択肢が広がる

高校生のうちから将来の自分の職業が具体的にイメージでき、さらにそこに至るプロセスまでもが描けている人はほとんどいません。

また、仮にあったとしても年月が過ぎれば考え方や趣味趣向は変化するでしょう。

 

ということは大学4年の就職活動のタイミングの自分、または社会人で転職を思い立ったときの自分が、そのとき望んでいる職業に就ける必要があるわけです。

 

そのとき学歴によって選択肢の数が大きく変わります。

昔ほどではないといえ、例えば大学名によっては説明会にすらエントリーできません。

ウソだ〜と笑う生徒も多いのですがホントです。募集開始直後の会社説明会なのにMARCH未満の大学名を入力すると「満席」という表示が出るようになっているなんてよくある話です。

スキル重視の専門職でもない限り、学歴によって一瞬で選択肢が限定されるんです。

逆に言うと、高学歴であれば多くの選択肢を持つことができます。

 

将来の自分がやりたいことをやれるための下準備、将来の自分への投資が受験勉強です。

そして受験勉強を頑張ったことを世の中に証明できる証明書が学歴です。

 

②高収入で私生活における選択肢が広がる

まずは下記リンクを御覧ください。DIET STUDYのHP内へのリンクです。

大学と就職ー平均年収ー

一目瞭然。学歴と年収ははっきりと比例します。基本的に「高学歴=高収入」です。

ざっくり言えば日東駒専とMARCH、MARCHと早慶の間で100万弱の年収差がありますね。

40年間働いたら生涯年収で4000万の差が出ます。

 

年収が高いからすごいとか低いからダサいとか、そんなものは人それぞれの価値観なのでどうでもいいと思います。収入が高ければ幸せとも限りません。

 

ただ、私が高収入を良しとする理由は私生活の充実です。

例えば海外旅行に行きたい、趣味にお金をかけたい、勉強したいことがあってスクールに通いたい、家族に不自由のない生活を送らせてあげたい・・・。

これらに共通して必要なものは結局「お金」です。あとは「時間」も大事ですが。

 

べつにお金をかけてやりたいことがなければそれでいいと思います。しかし何かやりたいことができたとき、お金のせいで選択肢が狭まるのは何か悔しい気もします。

 

受験勉強を頑張って高学歴を得れば、将来私生活での選択肢・可能性は広がります。

 

③ハイレベルな人脈が自然と広がる

レベルの高い大学にはレベルの高い人がたくさんいます。

レベルが高いという表現が適切かは分かりませんが、簡単に言えば話していて勉強になる、刺激をもらえる人がたくさんいます。

(あくまで確率論です。日東駒専よりもMARCH、MARCHよりも早慶以上の方がそういう人に出会えるチャンスは多いでしょう)

 

私自身の話をすれば、職業で言うと医者・法律家・不動産・金融などなどの専門家が友達の中に全て揃っていて、恐らく将来悩んだり困ったことがあっても誰かしら必ず頼れる人がいます。

また人生は選択の積み重ねですが、ある局面での選択肢が有能な友人のおかげで増えたり、より優れたものになったりします。

 

ちなみに私が今の仕事を選択して日々充実しているのも前職キーエンス時代に出会った仲間からの刺激を受けたからこそです。

そしてキーエンスに入社できたのは、恐らく学歴が大きく寄与してのことです。

 豊かな人脈も高学歴ならではの産物です。

 

 

これから塾の選び方や受験論など多くを書いていきたいと思いますが、まず前提としてこんな話を書いてみました。

 

受験に迷いを感じている人のモヤモヤが少しでも晴れれば幸いです。

受験は「将来の選択肢を広げるため」にあります。